はなのすきなもの はなのすきなこと

2017/03/15

茶懐石

春の訪れが待ち遠しい、今日この頃。

今月号の岡山特集、ご覧いただけましたでしょうか?先月アップしたブログと照らし合わせながら、ぜひチェックしてみてくださいね♪

さて、茶道を始めてから早いもので、3ヶ月が経ちました!ここ最近は、盆略点前のお稽古中。次のお稽古までには、教わったことの半分は忘れてしまうので、家でも復習しないとですね、、、アワアワ。

先日、裏千家の茶道誌「淡交」の撮影で、茶懐石の作り方を教わりました。最後にいただく濃茶が、胃に負担がかかるということで、空腹をしのぐため、亭主が「一汁三菜」の懐石を客人にお出しするようになったそうです。見た目が美しく、お料理の内容もとってもシンプル!でも、実際に作らせていただいて、ビックリ。シンプルなお料理の裏には、一手間、二手間かけて作られる、職人さんの技がきらりと光っていました。

今回は、茶道会館の料理長、岡さんのやさしくて、丁寧なご指導の元、茶懐石を数品、作らせていただきました!まずは、器選び。ひえ〜!魯山人や19世紀のヴェネチアン・ガラスの器が目の前に並びますw

FullSizeRender 3

そして、当日、私が捌いた魚たちです。上から、スズキ、ハモ、そして、キジハタ。

IMG_6915

魚を捌くの久しぶりなので、あまり自信がないけど、、、チャレンジさせていただきましたっ!キジハタを刺身に、スズキを焼き魚に、そして、ハモの骨切りまで!

IMG_6910

そして、こちらがスズキの焼き物!岡さんに、盛り付け方を教しえていただき、ビジュアルもお味もグーに仕上がりました♡

FullSizeRender

こちらは、炊き立てごはんの一番おいしい部分。一文字型にお椀に盛り付けます。これがなかなか難しいのですが、どうにか形になったかな??

FullSizeRender 2

本当に、素晴らしい体験をさせていただきました!客人に対する、最大限のおもてなし。普段からこういう意識を持って、お料理を楽しみたいですね!

この模様は「淡交」6月号にて詳しくご紹介いたします。お楽しみに♪

 

 

前の記事

次の記事

記事一覧を見る

大人のおしゃれ手帖ブログ 更新情報を受け取る

大人のおしゃれ手帖ブログ
更新情報を受け取る

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読