はなのすきなもの はなのすきなこと

ババのお着物

「はなちゃんは美人じゃないけどかわいいね〜」がババの口癖でした。6歳まで中華街で一緒に暮らしていた祖母はいつもニコニコ、ケラケラ笑っていて、本当に大好きでした。あー、ババのことを思い出すだけでいつも号泣です(涙)
 
 ババと暮らしていた家は、中華街にある「華正楼」という中華料理店の裏にありました。中国から渡ってきた祖父が始めたお店です。祖父は私が産まれる前に亡くなってしまったのですが、この家にはババとの想い出が色濃く残っています。家の冷凍庫には番犬用の餌にしていた鳥の頭がいつも大量に保存されていたり、お店のゴミ置き場には使用済みの乾物が山のように捨てられていたり、当時はあまりにも普通で気づきませんでしたが、振り返ってみると、中華料理店の裏に住んでいる!という感じが、生活のあらゆる場面に散らばっていました。
 
お店のお手伝いをする時や茶道をたしなむ時は、いつも着物を着ていたババ。亡くなったあと、桐箱に眠っていたババの着物や小物はすべて、私が引き取ることになりました。そして、お直しできそうなものを仕立て屋さんに持ち込み、素晴らしい状態にしていただきました。
 
大柄だったババの着物を8枚ほどお直ししていただき、そのうちの一枚がこちら。紫色が似合っていたババが残してくれた、紬と帯締めです。
 
IMG_2483
 
  帯は銀座の「灯屋2」でお誕生日に買ってもらったもの。この日は東京都庭園美術館で開催中の「ガレの庭」展に行ってきました。

 
IMG_2484
 
 高級コートもババから受け継いで、高級バッグは母からもらいました。ラッキー♪
 
IMG_2490
 
IMG_2422 2
 
撮影は弟にお願いしました。東京都庭園美術館の建物もとても素敵です☆
 
IMG_2412 2
 
 ババが残してくれた着物たち。ちゃんと受け継ぐことができて、本当に幸せです。「はなちゃんは美人じゃないけどかわいいね〜」天国にいるババもきっと喜んでくれているはず☆
 

前の記事

次の記事

記事一覧を見る

大人のおしゃれ手帖ブログ 更新情報を受け取る

大人のおしゃれ手帖ブログ
更新情報を受け取る

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読