2016/10/24

パラリンピック

やっと秋らしい朝夕を迎えることができるようになりましたね。もうほとんど散ってしまいましたが、朝窓を開けると金木犀の香りが出迎えてくれるこの頃が1年の中で一番好きです。金木犀がないフランスから帰国したばかりの頃は、この香りが鼻をかすめると懐かしさで胸がはち切れそうになっていました。

金木犀

日本には金木犀をはじめ、私が心地の良さを感じる景色や習慣がたくさんあります。一方で、時折少し息苦しく思う時もあります。それは、フランスに比べると、人と違うことが評価されづらいところでしょうか。フランスだと、ひとりひとり意見が違って当たり前、討論と呼ばれる意見のぶつけ合いをするのが楽しい、移民が多いことも手伝って見た目の違いも大きいですが、なんのその、それぞれの個性に誇りを持っているという具合です。でも、日本だと、意見はなるべく衝突させないように、目立った格好はしないように、協調性が大切と気を使うばかりに、挙句の果てに願わくば、あと10センチ背が低かったらと思うまでの心境になることもあるんです。みんな同じという環境より、たくさんの「違い」が身の回りにある方が私はホッとしますが、みなさんはいかがでしょうか?

前振りが長くなりましたが、そんな角度から、先月のパラリンピックに纏わる話をちょっとしたいと思います。

この夏のオリンピックは面白かったですね。みなさんはテレビで観戦しましたか?私は、水泳と陸上に贔屓の選手が登場していたので、すくなくともハイライトは見逃さないという程度ですが楽しみましたよ。それと、いろいろな国の選手が登場するので、これは世界地理に関心を持つチャンスだと、うちの子もテレビの前に座らせ、出身地の説明をしてみたりもしました。まあ、実際説明がクドくなると、「ママ、いいから」と口をつむらされ、肝心なのは競技の方だと諭されることもしばしばでしたけれども。

そして、その後のパラリンピックの方はいかがでしたか?こちらは、私は、オリンピックとはちょっと違う楽しみ方をさせてもらいました。こちらは新聞を通して毎日ニュースを得ていたのですが、勝ち負けやメダルの数にはあまり関心が持てなかった代わりに、選手ひとりひとりが頑張ってる姿はもちろん、ハンディに対してをどういう風にサポートして試合にするのかという競技方法を知ったり、義足や車椅子などのテクニカルな面に興味をそそられたりと、国や人種の違いもさることながら、たくさんの「違い」を目の当たりにし、様々な「アイディア」を知ることの方にワクワクしました。子供の小学生新聞にはたくさんの写真が情報と共に掲載されていて、母子共に、へぇ、と思うことがたくさんあったわけです。

思えばロンドンパラリンピック開幕前に、表参道駅に日本代表選手の等身大ポートレート写真がズラーっと飾られていましたよね。それぞれ個性を持った選手の力強い「気」が伝わって来るような、宮本直孝さんの素晴らしい写真が心に残っています。今回は、前回よりも増して、パラリンピックの宣伝ポスターや、その他選手を採用した企業広告なども目立ったように思います。

あるとき、ウチの子がなんらかのポスターの前で立ち止まり、釘付けになっているときがありました。どこか急ぎで向かう途中だったので、少し離れたところから私は「行くわよ、遅れちゃうわよ」と急かしてみてましたが、聞こえていない様子。ジッと見入っているんです。なんのポスターだろうかと近づいてみると、義足をつけたパラリンピック選手が写っていました。うちの子は去年保育園に貼ってあったポスターで、義足というものがあるのは知っている筈です。何かに興味を持ったんだな、と少し待ってみることにしました。選手の姿が、普段あまり見かけない、ちょっと「違う」様子だから気になるんだろうと。しばらくすると、「ねえ、ママ、このロボット、すごい」と言って私の方をふり返りました。義足のことです。そのときふとこう思いました。

小学生新聞には毎日パラリンピック選手が紹介されて、街中にはこうしてたくさんのポスターで紹介されていました。こんなふうに多種多様な人の姿を目にして、「違い」にどんどん慣れていって欲しいと。それに例えば義足をカッコイイと思って、ひょっとすると義足作りの技師になりたいと思うかもしれません。本来、私たちはたくさんの「違い」に囲まれて生きている筈です。違いがある方が自然なこと。違いを知れば知るほど、認めれば認めるほど、ひとりひとりの可能性も夢も広がることでしょう。私にとってパラリンピックはオリンピックとは別の、ともするとそれ以上の意味のある世界スポーツ大会かもしれないと思いました。(Anne)

2016/09/24

9月の絵本

読み聞かせの話ばかり続いてしまっていますね。

すみません!

9月は、お月見があったり、敬老の日があったり、リンリンチロチロ鳴く虫の声も心地よい季節ですよね。

そうしたテーマをもとに、まず選書に励みました。

今回、小学校の方は1年生担当でした。図書館の方は、いつもそうですが、小さい子がきても大きい子がきても対応できるように少し多めに準備します。今回は小学生が多く来てくれました。

いろいろ検討しましたが、やはり私としては『パパ、お月さまとって!』(エリック・カール・作/偕成社)は外せなくて、結局小学校と図書館の両方で読んでしまいました。おそらく子供達は何度も読んでもらっているだろうなと思いつつ、でも以外とそうでもなかったりします。

パパおつきさまとって 続きをみる

2016/08/31

晩夏の読み聞かせ

月末のお話会では、いつもその月に見合ったものを選書するか、それとも季節を先取りするべきなのか迷ってしまいます。先日も、図書館のお話会が8月末に行われたため、晩夏らしいものにするか、それとも来る15夜のためにお月さまをテーマにした作品にするか悩みました。結局、両方選んで先輩の意見を聞いてみることに。その日は晴天で暑かったので、夏のテーマで良いでしょうということになりました。

その日集まった子供たちは、幼児というより、小学低学年生の方が多数でした。なので、あらかじめ選んでおいた絵本の中から、より物語性のある作品を引っ張り出しました。『ねこのはなびや』(渡辺有一・作/フレーベル館)と、『エミールくんがんばる』(トミー・ウンゲラー作/文化出版局)です。

両方ともユニークな物語で楽しく聞けるはずなのですが、残念なのことに、その日は私のコンディションがイマイチ(というと言い訳になってしまいますが)で、カミカミのお粗末。十分お話の面白さが伝わったかどうかが心残りの結果となってしまいました。少しばかり、こうしたお話会には文が長すぎたかなー、早口で読みすぎたかなー、などなど、反省点は沢山ありますが、次回に生かしていきたいと思います。

とはいえ、面白いお話なのでご紹介します。

夏の醍醐味というば、花火ではないでしょうか?

なこのはなびや

『ねこのはなびや』は、花火屋の白猫組と、黒猫組と、トラ猫組が、花火の腕を競い合うお話です。勝負は、お客さんの拍手や声援の大きさではかるのだというのですが、語り手の猫達はさすが花火屋とあって、それはそれは、「べらんめえ」とまではいかなくてもイナセな口調でノリが良く、読んでる私もテンション上がって楽しいです。それぞれの組の花火には特色があって、古典的なものだったり、スピード感のあるのもだったり、アイディア満載の花火だったり。それがダイナミックなタッチで描かれていて、語り手のテンポと本当によくマッチしています。中には仕掛け絵本の様に大きく広がるページもあって、あっと驚く花火が登場しますが、そこはもう、読み聞かせる人の腕の見せ所でもある感じです。お話会でなくても、お家での読み聞かせにもオススメです。年中さんぐらいから楽しめると思います。

お次は、『エミールくんがんばる』。

エミールくんがんばる

これは海の底からやってきたタコのエミールくんが、地上で大活躍するという、いかにもトミー・ウンゲラーらしいお話です。なにせタコですから、足8本。楽器を演奏させれば、同時にハープとコントラバスとシンバルを使いこなしてしまうし、海で見張りを担当すれば、一気に4人も救助してしまう。

エミールくん/救助

軟体という特異体質で、何にでも化けて見せて周囲を楽しませます。

エミールくん/ものまね

しまいには沖の悪者を取り捕まえて、4本の足で押さえつけながら、残りの足で船を操縦し岸に戻ってみせてくれるのですから。

エミールくん/かつやく

想像力豊かな物語で、ウチの子もお気に入りの一冊です。

次回の読み聞かせは、9月です。テーマは、お月さま、秋の虫、などでしょうか。。。がんばります。(Anne)

2016/08/23

なにげない魔法の言葉

唐突ですが、論語を読む機会はありますか?私は、ウチの子用に購読したつもりが私の愛読紙にもなってしまった小学生新聞で、論語に触れるのが図らずも日課となっています。何千年も伝えられてきた教えだけあって、ひとつ読むたびに「なるほどー」、「たしかにー」となります。たとえば、今朝の論語は、「〜喪は其の易めんよりは、寧ろ威めよ」でしめくくられていて、意味は、「お葬式などは、変に行き届きすぎるよりも、どこか、まとまりがないくらいでちょうどいいのです」とのこと。どうですか?なりほどー、ってなりません?そんなわけで首を縦に頷き心を清めたり、道徳観を高めみたりしているのですが、面白いことにある漫画を読んでもそんなことがありました。こちらは、固い論語とは真逆の、ふんわりとした、やわらかーい言葉で語られる教え。正直言うと、論語との比較はこじつけのようで苦しいかもですが、とにかく、「なるほどー」「たしかにー」的な発見満載の、心が洗われ、和む、魔法の言葉が詰まった日常の玉手箱のような作品なんです。それが、これです! 続きをみる

2016/07/30

心ふるえる絵本

夏の海

7月もあと数日となり、いよいよ夏本番ですね。私はフランスで育った年月が長いので、つい、8月は休暇のイメージがありますが、お盆も休めるか否かというのが日本の仕事人の現実。でも、私としては、8月は仕事をしても気分はバカンスで、心は海や山に奪われています。実は、そうやって気分を散漫させないと、私は夏を乗り切れないんです。なにせ暑さに弱いんですから。サマードレスというアイティムは好きで着たいけど、それを着るために必要な気温「摂氏30度」が苦手。気温が40度近くもなると、幽霊みたいになってしまいます。それでもって、そういう時の乗り切り方は、もうひとつあります。南米産のドロッとした赤ワインをキンキンに冷やして、氷を浮かべて飲むんです。なんで赤なんでしょうね?でも そうしたくなるんです。 続きをみる

2016/07/16

初夏の読み聞かせ

図書館、小学校と、読み聞かせが続き、行ってきました。

6月末の図書館読み聞かせは、梅雨の時期と2-3歳児が来ても対応できるようにの2点を意識して選書しました。

小学校の方は、一校では丁度7月7日だったので、七夕に纏わるお話を選び、もう一校では、夏休みを意識して魚や海関係の絵本から選びました。

本の紹介の前に、耳寄り情報です。

そもそもまず、私がウチの子に読み聞かせを始めたのは、私が絵本好きだったからということ。それから、想像力、表現力、語彙の多さ、心の豊かさなどの観点から、子供の成長に読み聞かせが良いらしいから、ということ。それと、「子供に良い絵本をお母さんの声で読んで聞かせてさえいれば、将来何か困難にぶち当たった時、大きな心の支えとなってくれる」というような内容のメッセージを、絵本専門家たちのエッセーなどで度々目にしたから、というようにウチの子のため、のつもりでした。ところが、面白いことに、読んで聞かせている自分自信に大きな変化があったんです。ストレスが溜まっていたり、イライラしたり、しょんぼりしたりした時でも、声に出して絵本(本でも、なんでも良いと思いますが)を読んでみると、スーッと心の中の詰まりを流してくれる感じがするんです。心が和む、心が癒される、そんな感じです。 続きをみる

2016/06/30

ビーガンフードから広がる世界

先日、撮影現場でいただいたランチ弁当にめちゃくちゃ感動したので、お話させてください。

中目黒にある、『ビーガンバードランデヴー』というお店のデリバリーランチのことです。玄米菜食系のお食事に馴染みのない人は、初めて食べる大豆たんぱくの唐揚げに「まるでお肉みたい」と衝撃を受けたりしますよね。私もそうでした。でも、まあ、マクロビオティックのお料理教室に通っていたこともあって、大豆たんぱくにも慣れ、今はもう衝撃を受けるなんてことはありませんが、玄米菜食系のお食事メニューは、なんだかんだヘルシーで嬉しいですね!でも、この度ばかりは久々ノックアウトされました。メニューにというより、弁当BOXに巻かれた帯に、です。そこには、経営者のモットーとメッセージが!それも3種類ぐらいあり、その内容を是非ご紹介したいと思います。 続きをみる

2016/06/14

読み聞かせ活動

少しですが、読み聞かせの活動に幅ができてきました。

1歳のラアちゃんへの読み聞かせにはじまり、公立の図書館や小学校へ出向いて読み聞かせをしたりもしています。もう少ししたらウチの子の小学校でも、活動開始の予定ですが、公共の場へ出向くときは、お話のボランティアグループの一員としてお手伝いさせていただいてます。

それにしても意外と課題が膨大。正直、今のところは選書と声が届くように読み上げるので精一杯といったところです。1歳のラアちゃんは、個人だし、知人宅なので比較的自由気ままにやらせてもらってます。でも公共の場となるとより責任重大。ましてや小さな子供たちの柔らかい頭にインプットされる物語なわけですから、影響力を考慮しながらきちんと選書しなくてはならないし、子供たちが安心して聞いていられるような雰囲気の人でなくてはならないと思っています。でも、いろいろ考えすぎてデビュー当日は、顔がこわばってしまいました。恐ろしい形相をした山姥さながらでなかったと良いですが。。。とはいえ、それもまあ、経験。場数を踏めば少しづつ慣れて表情も和らいでいくと願っています。 続きをみる

2016/05/25

小さい春

東京のこの頃は五月だというのに真夏みたいに暑いですね。こうも暑いと春をじっくり愛でてはいられず、気ばかり焦って夏休み計画など立てたくなります。

でもちょっと時間を巻き戻して、5月の大型連休中に見つけた「小さい秋」ならぬ「小さい春みつけた」話をしますね。

高原植物

『はなをくんくん』というルース・クラウス作、マーク・シーモント絵の有名な絵本がありますが、まさにそんな感じ。このお話は、雪景色の中、静かに冬眠しているクマやヤマネズミ、カタツムリやリスたちが、なんだか良い香りに気がついて、ふと目を覚まします。そして、くんくん、くんくん、と一斉に良い香りのする方へ引き寄せられて、みてみると、真っ白な雪景色の中に、ポツンと黄色い花を見つけるんです。そして、笑だし、踊り出します。小さい春を見つける喜びが伝わって来る作品です。 続きをみる

大人のおしゃれ手帖ブログ 更新情報を受け取る

大人のおしゃれ手帖ブログ
更新情報を受け取る

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読